高濾過面積タイプ シンターメッシュ カートリッジ

濾過面積が広い為ロングライフ

ロウ付け加工をすることにより山高を高くすることが可能となりました。
従来品に比べ濾過面積を約1.5倍に増加し長期使用を実現しました。

優れた耐差圧強度

フィルターメディアは、焼結処理されているため、目開きがなく、ろ過精度を長期間たもちます。

優れた耐圧性

フィルターメディアは、三層構造で耐圧性に優れ、高粘度の液体のろ過にも最適です。

清浄性が抜群に高い

RO水にて超音波洗浄しているため清浄性が抜群に高いです。

耐熱性・耐薬品性(耐食性)・耐久性に優れている。

使用温度が-190℃ から+400℃ で、かつアルカリ及び酸に対応できますので、蒸気・極低温ガス・溶剤・薬品・食品・飲料などに最適なカートリッジです。

洗浄して再使用できる。

目詰まりしたら洗浄して反復使用できますので非常に経済的です。

低圧力損失・大流量タイプです。

ろ材にはステンレススチール金網を用いてろ過面積が大きいので、1本当たりの流量を格段と大きくとることが出来ます。従って、高粘度液用例には、カートリッジ本数が少なくてすみます。

互換性のある共通サイズです。

外径φ70で長さ250mmの一般品と互換性があり、ろ過装置のグレードアップをはかれます。

金網の構造

金網の拡大画像
写真はシンターメッシュの線と線の
接点の焼結部の拡大写真です

正確なろ過精度
シンターメッシュは、縦線と横線を交点で焼結してありますから、高圧下でも金網の目開きがありません。そのため正確なろ過精度を必要とするろ過に適した金属ろ材です。

高い耐圧性
主ろ材を副ろ材で両側から支える構造となっておりますので高い耐圧性、耐熱性、耐久性、耐食性に優れた標準的金属ろ材です。

焼結とは

焼結とは
金網を金属の融点前後の温度で、一定時間維持することにより金属組織内で、各線の接点間に接点をまたいで結晶が形成され完全に一体化します。これにより線の目開きのない高い強度と、耐食性が向上します。

用途

高い差圧を必要とするろ過
ろ過精度を一定に保ちたいろ過
高粘性流体のろ過
高温、低温流体のろ過
  • 高分子工業
    繊維、フィルム、プラスチック等高粘度液のろ過
    原液、モノマー、ポリマー用ろ過
  • 化学工業
    石油精製プラント用各種フィルター
    石油化学プラント用各種フィルター
  • 薬品工業
    合成・生成工程のろ過、薬品昌出工程のろ過
    塗装ライン、異物ろ過、顔料均質化
  • 粉体プラント
    粉粒体乾燥用、粉粒体輸送用
    油圧、空気圧、低圧、高圧油空圧ライン用フィルター
  • 計測・計装機器
    分析用サンプリングフィルター
    計装用エアフィルター
  • 航空機・ロケット
    燃料、油圧ライン用フィルター
    制御ガスラインフィルター
  • 機械工業
    潤滑油、切削油フィルター
    排気ガス処理用フィルター

材質

ろ材SUS316L プレートSCS316 その他ニッケルロウ

ろ材精度

2μ、5μ、10μ、15μ、20μ、40μ、75μ、100μ、150μ、300μ

ろ過面積

0.23m2

耐圧性(単位:MPa)

加庄方向:カートリッジ外→内 0.5
加庄方向:カートリッジ内→外 0.07

カートリッジ形状

形状

外形図

外形図
NJSP

取付構造

取付構造

(注)ハウジング抵抗を含む

水

逆洗法

  • 先ず脱脂を行います。
    (トリクレン・ナプサ・ガソリンなどの溶剤脱脂、アルカリ脱脂、界面活性脱脂などの方法があります。)
  • 柔らかいブラシで、丁寧に表面をブラッシングして汚れをおとします。
  • カートリッジの内側から圧縮工アーを吹きつけます。(以上を数回くり返す。)
  • きれいな脱脂剤で、脱脂します。
  • 圧縮工アーを利用して水を吹きつけて水洗いを充分に行い、乾燥させて仕上げます。

薬品洗浄法

  • 逆洗では洗浄しきれない場合、混酸で洗浄し硝酸処理します。
  • 充分に水洗し、圧縮工アーを吹きつけて水分を除去し、乾燥させます。

超音波洗浄法

  • 洗浄液中で、超音波洗浄を行います。
  • 水洗を充分に行います。
  • 水分を除去して乾操させます。

汚れの種類によって、上記各洗浄方法を組み合わせて行えば、さらに効果的な洗浄を期待できます。

製造番号:NJSP-01--

下記の形式をそれぞれをお選び頂くと、製造番号が生成されます。

ろ過精度
(公称ろ過精度μm)
ガスケット種類
(材質)
  • PDF版ダウンロード
  • 会社案内
  • アクセス
  • お問合せ
  • 環境規格エコステージ認証

株式会社モスフィル

株式会社モスフィル
〒344-0014
埼玉県春日部市豊野町2-5-3
TEL : 048(736)7655 (代)
FAX : 048(736)6674
Mail: info@mossfil.co.jp
Web: http://mossfil.co.jp